株式会社 星徳工務店

Read Article

2013 高槻市Nさま邸 新築工事 9/30

上棟から一ヶ月ちょっとが経ちました

 

少し前には大型台風18号の直撃で

市内」にも大雨の警報が発令され

社長が早朝からときどき現場の様子を見に行っておりました

 

幸い何も被害はなく、工事を中断することもなく

朝から続きの作業ができてよかったです

02-1のコピー-221x300

 

 

 

 

 

 

 

 

サッシやドア、外壁など

建物の外側は施工終了

02-5のコピー-222x300 02-3のコピー-223x300

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の内側の板を張る前に

発砲タイプの断熱材を外側の板と間柱の間に注入します

02-4-225x300

 

 

 

 

 

 

 

 

2階部分

 

断熱材は屋根の内側にも

壁に使われたものと同じものを使ってありますが

1階の床下は厚みのある板状のものを使っています

 

こうすることで

暑いとき寒いときの屋外の気温の影響を受けにくくなりますから

冷暖房の使用回数が減ったり、効率がよくなります

加えて

最近の窓のガラスもは厚みがあったり、ダブルになっているので

断熱効果はさらにアップ

 

電気やガスの使用量が減るということは

光熱費が減るということですね

お財布にも環境にも優しくなるように建てるのが今の主流です

 

 

 

 

 

Return Top